コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

経営コラム

IKUMA message

イノベーション人材育成に必要なもの

2017年03月28日 井熊均


前回のメルマガで紹介した東大とのシンポジウムは、300名以上入る東大の大教室が満席となり、盛況のうちに終わることができました。シンポジウム終了後に開催した懇親会でも何十人もの方のご参加をいただき、時間を忘れて議論を交わすことができました。お忙しい中、シンポジウム、懇親会にご参加いただきました方々に、この場を借りて心より御礼申し上げます。

シンポジウムや懇親会を通じて改めて理解したのは、非常に多くの方がイノベーション人材を育てることの重要性を感じられていることです。具体的な人材育成の取り組みを行っている企業も少なくありません。しかしながら、「これだ」、と言える人材育成の方法を見出した企業は殆どないのが現状のようです。

「イノベーション人材は素養や幼少期の経験に依存する」という意見を聞くことがあります。本当でしょうか。他の人にはできない付加価値の高い事業や活動を立ち上げるのに一定の素養が必要なことは否定しません。しかし、この手の話は二つの事実を見落としていると思います。

一つは、スポーツ、音楽、絵画、財務などの知識、等、分野を問わず、適切な知識に基づくトレーニングを一定期間こなしても向上しないスキルや知見など聞いたことがない、ということです。問題は適切な知見に基づくトレーニング方法と一定期間それをこなした人が稀有だったことではないでしょうか。

もう一つは、我々はスティーブジョブズのような人材を育成できると言っている訳ではない、ということです。企業が人材育成の対象としているのは身近なイノベータです。そうした人が何人もいれば企業は付加価値を高めることができます。また、身近なイノベータを育てる努力を続けていけば、いずれはジョブズも頷く大型のイノベータも生まれるでしょう。

今必要なのは、イノベータの育成に関する神話や諦めの壁を取り払い、個々人の持つ可能性を信じる意志なのだと思うのです。


※メッセージは執筆者の個人的見解であり、日本総研の公式見解を示すものではありません。

■最新の書籍
パリ協定で動き出す 再エネ大再編 -世界3大市場で伸びる事業を見極めろ
井熊 均/瀧口 信一郎/日刊工業新聞社/2017年3月25日発行
昨年、京都議定書を超える強力な影響力を持つパリ協定が発効しました。今後、世界中で再生可能エネルギーの大量導入が進みます。
一方で、地球温暖化対策に懐疑的なトランプ政権の誕生など懸念点も少なくありません。
本書は、パリ協定を巡る国際状況を概観して再生可能エネルギー市場の動向を捉えた上で、日本としての戦略を述べた書籍です。


経営コラム
経営コラム一覧
オピニオン
日本総研ニュースレター
IKUMA Message
カテゴリー別

業務別

産業別

レポートに関する
お問い合わせ