コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

経営戦略・事業戦略

経営ビジョン

経営ビジョンを掲げて、社内の求心力を高めよう

経営ビジョンとは、「将来のありたい姿・目指すべき将来像」であり、経営ビジョンを設定し、社内外に発表することによって、今後企業が目指す方向と大まかな道筋をステークホルダーに示すことができます。特に、先行きが不透明なときや業績が低迷しているときには、経営ビジョンを策定することによって社内の求心力を高めることが可能になります。
日本総研は、まず経営トップの夢や願望を尊重した上で、社員の漠然とした思いをくみ取って、いったん社内として「ありたい姿」を描きます。次に、業界環境分析や保有経営資源分析の結果を勘案して、「ありたい姿」が実現できるように経営ビジョンの策定を支援します。

主要サービス

シナリオプランニングによるビジョン策定

 環境変化がめまぐるしい昨今、唯一の最適解として戦略を策定することが難しくなっています。シナリオプランニングとは、将来起こりえる環境変化を複数のシナリオ代替案として用意し、それに対する複数の戦略代替案を検討する手法です。
 日本総研では、プロジェクトメンバーとのグループワークを通じて、「みんなが納得できる」シナリオ策定を支援します。

エグゼクティブ・コーチング

 経営者が行う日々の難しい意思決定の際に、客観的視点からの助言はきわめて重要となります。そこで必要になってくるのが社長の相談役であり、利害関係のない社外の立場で経営者の方々のご相談に応じる「スパーリング相手」です。経営層に対するコーチングということで、「エグゼクティブ・コーチング」と呼ばれています。経営層と定期的な面談を行いながら、意思決定に向けての助言を行います。

コンサルティングサービス
(業務別)

経営戦略・事業戦略

グループ経営、M&A戦略

財務戦略

経営改革

マーケティング・営業力強化

新規事業開発

中堅・中小企業/オーナー経営支援

業務改革・IT

技術戦略・イノベーション

CSR・環境経営の推進

人事・組織・人材開発

サービスに関する
お問い合わせ