コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

人事・組織・人材開発

人事情報システム

人事情報システムを活用した人材マネジメントの高度化支援

人事情報システムでは、給与計算をはじめとする定型業務処理を行ういわゆる人事給与システムは常識化していますが、人事に関する戦略的ニーズに対しては旧態依然としたアナログ的作業で対応している企業がほとんどです。例えば、現場のマネージャーが異動配置等のための実践的な人材検索を行えるようにする、また、人事評価や目標管理、ES調査やEラーニング等を従業員/マネージャー/人事の間で双方向性をもって迅速に運用できるようにする、これらは情報システムのツールなしでは実現困難です。貴社の人事戦略ニーズ・制度体系に応じて、単なる情報システム導入ではなく、人材マネジメントの観点から運用体制全般の高度化を支援します。

主要サービス

人事業務のシェアード化

 企業価値向上には、人事業務の「高効率化」および「高品質化」、「高度専門化」の三つの強化が必要不可です。人事業務のシェアード化はそれを可能にします。人事業務のシェア―ド化の目的は、(1)グループにおける人的資源の効率活用、(2)人事業務の可視化と人事最適化の実現、(3)人事部門の意識改革と主体的、積極的な組織への転換、(4)専門性強化による人事業務品質の向上とコア人材の育成・活用、にあります。
 人事業務のシェアード化により人事間接業務を集中化が進み、品質向上と人的資源活用による企業価値向上が実現できます。日本総研は、豊富な経験と実績によりお客様のシェアード化を支援します。

人事情報システム化

 人事情報システム化の推進を進めることにより、人事管理の「高効率化・高品質化・高度専門化」を実現することが可能になります。
 具体的には、(1)分散処理されている人事データ一元管理、(2)システム統合とERP連動、(3)人材情報共有化とコア人材の発掘と育成、(4)要員管理や総額人件費管理の徹底、(5)経営管理と経営組織のシミュレーション、(6)リアルタイム人事経営の実現、などを実現します。
 人事制度の変革と統合、ならびに人事業務プロセスのシェアード化を併せて実施することで、人事情報システム化効果が一層向上し、人事部は、本来の人事戦略構築や人事企画業務に集中でき、人事部の「存在意義」が一挙に高まります。日本総研の組織・人事コンサルティングは、豊富な経験と実績によりお客様の人事情報システム化を支援します。

コンサルティングサービス
(業務別)

経営戦略・事業戦略

グループ経営、M&A戦略

財務戦略

経営改革

マーケティング・営業力強化

新規事業開発

中堅・中小企業/オーナー経営支援

業務改革・IT

技術戦略・イノベーション

CSR・環境経営の推進

人事・組織・人材開発

サービスに関する
お問い合わせ