コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

人事・組織・人材開発

要員計画・人件費適正化

企業を支える「ヒト」資源の量的・質的な適正化を支援します

企業の中長期的なビジョン・戦略を遂行するためには、将来的な組織体制の方向性を踏まえ、事業運営に必要な業務量を遂行するための必要数という考え方が基本となります。一方で、事業継続のために必要な一定の利益確保という観点から、中長期的な利益計画を実現するための適正人件費という制約条件も満たす必要があります。
その上で、現実的な問題は、現在の要員数とあるべき要員数との差をどう解消していくかにあります。中長期的には、業務の量と質、人材の量と質を適合させるような施策、短期的には、まずは人件費適正化のための施策が必要とされます。日本総研は、企業の置かれている状況に応じたそれら対応策の策定を支援します。

主要サービス

要員計画

 要員計画の策定に当たっては、現在の組織における業務量を把握し、中長期的な会社としてのビジョン・戦略を組織体制に落とし込むと、どういう働き方になるのか、という検討プロセスを経て、残すべき業務は残し、変えるべき業務は思い切って変える、という決断が必要になります。そこに業務の質的な面も含めて考えることで、業務の量と質の適正化を図ります。
 さらに、現在の要員の量と質を明らかにすることで、真の問題点が浮かび上がります。量的な過不足であれば、採用・異動・ローテーションの問題であり、質的な問題であればキャリア開発・育成の問題となります。日本総研はこれら施策の方向性の検討に至るまで、トータルにサポートします。

短期間で実現する人件費適正化

 数期にわたり利益が出ていない、キャッシュフローが逓減している、というような緊急時においては、人件費の適正化は待ったなしの状況にあります。事業戦略の見直しを進め、あるべき組織運営体制を構築しながら、確実に利益を生み出せる体質を手に入れなければなりません。
 これまでの仕事の進め方を見直し、改められるところはないか、徹底的に洗い出して、実行していくことが重要です。その中には、人件費適正化という選択肢も含まれます。日本総研では、企業の置かれている状況に応じて、人件費適正化のためにどのような選択肢があるのかを提示し、実行上の問題点の整理と、アドバイスを提供します。

人件費抑制のための賃金管理

 多くの企業では、コストの最大を占めるものが人件費です。
 アジア、特に中国との企業間競争が激化する中、相対的に高い人件費が発生している我が国の企業は非常に厳しい競争を強いられています。付加価値の向上による“戦い”はもちろん必要不可欠ではありますが、一方において、今の人件費を抑制する、少なくとも、増加させないための施策が必要です。
 ここでは、人件費を抑制するための賃金管理のあり方について提案しています。

コンサルティングサービス
(業務別)

経営戦略・事業戦略

グループ経営、M&A戦略

財務戦略

経営改革

マーケティング・営業力強化

新規事業開発

中堅・中小企業/オーナー経営支援

業務改革・IT

技術戦略・イノベーション

CSR・環境経営の推進

人事・組織・人材開発

サービスに関する
お問い合わせ