コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

マーケティング・営業力強化

ブランド戦略

「オンリーワン」として「愛され続けるための仕組み」を構築

モノもコトも溢れかえった成熟社会の日本では、オンリーワンの価値を持たない限り選ばれる対象となりません。オンリーワンの価値を持つには、機能や品質に加え、独自の世界観を有することが不可欠となります。この独自の世界観が感じられる時、モノやコトは初めてブランドになるのです。
従って、ブランドを築くには、独自の世界観をモノやコトに宿らせるための「仕組み」をつくらなければなりません。これを日本総研では「愛され続けるための仕組みづくり」と呼びます。経営コンサルティングで培ったノウハウを活かしながら、この「仕組みづくり」を総合的、かつ、強力に支援できるところに日本総研の強みと独自性があります。

主要サービス

コーポレートブランドコンサルティング

 企業の信頼性が重要視される現在、コーポレートブランドを適切に構築することが求められています。コーポレートブランドを構築し、企業の存在価値と信頼性をアピールすることにより、従業員のモチベーション強化、取引の円滑化、値引き競争の回避、商品・サービス提供の増大を実現することができます。従って、コーポレートブランド育成のためには、企業活動全般にわたって目配りをする必要があります。
 日本総研では、単なるマークやスローガンにとどまらず、事業・マーケティング戦略の目線から、コーポレートブランドの強化・育成のお手伝いをしています。

商品ブランドコンサルティング -オンリーワンブランドを目指して-

 商品ブランドの最も重要な機能は、「これじゃないとダメ」と顧客にいわしめるほどの、顧客との強い関係性を構築することです。それによって、無駄な価格競争に巻き込まれることなく、高収益を継続的に実現することができるのです。強いブランドほど、顧客にとってはなくてはならない存在=オンリーワンとなっています。
 日本総研では、広告・宣伝といったコミュニケーション分野にとどまらず、商品自体の見直し、顧客接点の維持・開拓、営業戦略、マネジメントの展開などもあわせて支援し、強いブランドづくりをバックアップします。

ブランド価値評価支援

 ブランドを強化・育成していくためには、ブランド構築戦略が意図したとおりの結果となっているか、その際他社と比較して、ブランド力はどれくらいあるのかを、客観的に評価(チェック)する必要があります。加えて、企業が成長するために、ブランドのM&Aも盛んであり、この点からもブランドの評価が必要となっています。目に見えない資産であるがゆえに、個人の感覚や推測で評価されがちなブランドですが、日本総研では、お客さまの戦略、施策に必要な形で価値評価を行い、次のアクションに役立てていただくための支援を行っています。

    インターナル・ブランディング

     企業として描いたビジョン、経営理念、ブランドコンセプト等をお題目だけに終わらせることなく日々の実践に結びつけていくための活動(インターナルブランディング)を支援します。
     インターナル・ブランディングは、①ブランドコンセプト等を解説した冊子などのツール類の作成・配布やブランド会議の開催等の「上から」の浸透活動、に加え、②従業員一人ひとりが自らの働き方の観点から会社の目指す姿を吟味し内面化していく「下から」の共有活動、から構成されます。この「下から」の共有活動を重視する姿勢とノウハウに日本総研の独自性があります。

      コンサルティングサービス
      (業務別)

      経営戦略・事業戦略

      グループ経営、M&A戦略

      財務戦略

      経営改革

      マーケティング・営業力強化

      新規事業開発

      中堅・中小企業/オーナー経営支援

      業務改革・IT

      技術戦略・イノベーション

      CSR・環境経営の推進

      人事・組織・人材開発

      サービスに関する
      お問い合わせ