コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

業務改革・IT

情報システム最適化

企業価値創造ツールとしてITを戦略的に活用

ITは、従来の業務効率化ツールという役目にとどまらず、インターネット販売や消費者ニーズの把握など新たな企業価値創造ツールとしての役割を担いつつあります。
日本総研の業務・ITコンサルティングは、ITを企業価値創造ツールとして位置付け、情報システム化構想や計画策定とともに、事業革新、事業価値創造の具体的な提案から施策の実行、定着化までを総合的にサポートします。

主要サービス

グループIT戦略策定

 持ち株会社制の広がりを背景に、グループ全体における経営の最適化を目指す傾向が強まっており、ITに関してもグループ全体での最適化が求められるようになりました。具体的には、ITインフラなどの共有化による効率的な運用と、グループ各社固有の事情に合わせたきめ細やかなIT環境整備の両立です。
 本サービスでは、長期的なグループITインフラの統合による運用の効率化を視野に入れながら、事業戦略の見直しに呼応したIT戦略の立案を支援します。ITによる競争力の向上、経営の効率化、内部統制の適正化についてバランスを考慮し、適正化を図ります。

情報システム化基本構想・計画

 IT利活用の高度化を図り、最小の投資で最大の効果を獲得するためには、ITを企業全体の経営戦略と整合性のある形で育て上げることが必要です。また、現在の業務を単にIT化するのではなく、徹底的な業務の見直しを並行して行うことも重要です。
 本サービスでは、IT戦略を経営戦略に沿った形で具体化し、中長期的な視点での構想策定を行います。IT基盤のデザイン、ITガバナンスの構築・強化、IT利活用面での潜在的な問題の発掘と本質的な課題の設定、課題解決に向けたITや業務プロセスのあるべき姿のデザイン、中長期的なアクションプランの策定などをサポートし、経営戦略と一体となったIT戦略を実現させます。

情報システム調達支援(RFP作成/開発委託先選定支援)

 情報システム調達は、情報システム化計画の実行に向けて最適な開発委託先を選定するプロセスです。情報システム調達においては、情報システム化の目的や要件を開発会社に明確に伝えて良い提案を引き出すこと、および開発会社の提案内容を共通のものさしで比較評価することが重要なポイントです。
 本サービスでは、開発会社への提案依頼支援、提案を客観的に評価するための評価基準の具体化、提案内容の評価を行い、中立的な立場で開発委託先の選定を支援します。

プロジェクトマネジメント支援

 情報システムの構築には、ヒト(SEなど)、モノ(コンピュータ機器など)、カネ(開発委託費など)、時間(開発期間)が必要であり、情報システム化の目的達成に向けて計画どおりに開発・導入を行うためには、それらを適切にマネジメントすることが不可欠です。 
 本サービスでは、情報システムの開発工程などにおいて、中立的な立場から体制の整備、的確な計画の立案、スケジュールや品質、コストなどのモニタリングを行い、円滑・的確・安全なプロジェクト遂行を支援します。また、プロジェクトを統括的・一元的に管理するPMO(プロジェクト・マネジメント・オフィス)の活動について、前記の内容を支援します。

コンサルティングサービス
(業務別)

経営戦略・事業戦略

グループ経営、M&A戦略

財務戦略

経営改革

マーケティング・営業力強化

新規事業開発

中堅・中小企業/オーナー経営支援

業務改革・IT

技術戦略・イノベーション

CSR・環境経営の推進

人事・組織・人材開発

サービスに関する
お問い合わせ