コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

業務改革・IT

システム診断・監査

情報システムの健康診断で、真の問題点・原因を把握

情報システムは、技術の進化で機器の陳腐化が避けられないうえ、支援する事業自体も変化を続けており、改修を加え続けることが求められます。そのため、経営・業務の遂行に貢献できる信頼性の高い情報システムであるかを適時見極めることは非常に重要です。
日本総研では、情報システムの価値維持と向上に向けて、問題点や改善方法を提言するシステム診断、およびシステム監査基準等に依拠して実施するシステム監査サービスを提供しています。

主要サービス

システム診断/IT投資評価サービス

 企業の情報システムを使い続けるには、有効に活用できているか、投資額や経費に見合った効果を得ているか、社内のIT推進体制は適切か、などといった課題について定期的な診断が必要です。
 本サービスでは、本格的なシステム見直しに着手すべきか否かの意思決定にあたり、経営、業務および情報システムの視点で有効性や経済性について診断を実施します。具体的には、経営目標実現のための情報システムはどうあるべきか、経営計画と情報システム化計画の整合がとれているか、IT内部統制が有効に機能しているか、といった内容から、ITコスト評価、ITリスクの評価、ITガバナンスなど特定のテーマでの診断を行います。

システム監査

 情報システムが支援する業務は、変化を続けています。また、情報システム自身も、改修により構築時の状態のままではないことが一般です。これらの変化に合わせて、情報システムが経営・業務の遂行に有効性を保ち、信頼性・安全性・効率性が高いかを独立した第三者の観点から監査することは、企業のリスク管理の面で重要です。 
 本サービスでは、運用状況の監査だけでなく、IT統制の方策自身の適切さや、情報システムのライフサイクルに応じて企画・調達・開発の各段階に対する監査を実施します。

コンサルティングサービス
(業務別)

経営戦略・事業戦略

グループ経営、M&A戦略

財務戦略

経営改革

マーケティング・営業力強化

新規事業開発

中堅・中小企業/オーナー経営支援

業務改革・IT

技術戦略・イノベーション

CSR・環境経営の推進

人事・組織・人材開発

サービスに関する
お問い合わせ