コンサルティングサービス
経営コラム
経済・政策レポート
会社情報

コンサルティングサービス

資源・環境・エネルギー

M&A・デューデリジェンス

業界再編に伴うM&A・デューデリジェンス支援

電力自由化で先行する諸外国では、自由化を契機に事業者間の合従連衡が進展しました。例えば1999年に電力自由化を行ったドイツでは、8大電力事業者が4つに集約される一方、地域に密着して電力・ガス・水道・熱供給等のユーティリティサービスを担うシュタットベルケが地域の住民ニーズをつかみ存続し、巨大事業者と地域密着事業者と市場が二極化しました。
2016年に電力小売の全面自由化、2018~20年に送配電部門の法的分離が行われるわが国においても業界の再編が起こり得ると考えます。
日本総研は、業界再編に伴うM&A戦略の策定支援や、具体的なディールを行う際のビジネス・デューデリジェンスを提供しています。

主要サービス

M&A・デューデリジェンス

 企業の戦略分析、ビジネスモデル分析を踏まえて、優位な戦略ポジションやビジネスモデルを可能にするためのM&A戦略策定を行います。
 また、買収対象企業が具体的に選定された後は、外部環境分析、対象企業の顧客セグメント分析、機能分析(営業、マーケティング、電源開発、需給管理、カスタマーサポート等)、収益性分析等の評価を通じて、買収時のビジネス・デューデリジェンスをサポートします。

    コンサルティングサービス
    (産業別)

    農業・食品

    建設・不動産

    医療・介護・ヘルスケア

    ものづくり

    資源・環境・エネルギー

    情報・通信

    運輸

    流通

    金融ビジネス

    教育

    官公庁・外郭団体

    その他

    サービスに関する
    お問い合わせ